作業小屋

これから工事をする場所

上の写真左側へ、仮設の工場を建設予定。大きさは10mに6mで60uになる。

ユンボ直しています

ユンボの故障で、一時中断その後は、寒さのため土が凍って作業できずに、結局遊んでしまい、寒い地方の冬を実感しました。







4.15
冬の間できなかった、整地を始める。








基礎はじめ

4.28
当地は凍結深度が30センチなのでその深さまで穴を掘る。
幅は20センチで穴を掘りそのままコンクリートを流し基礎とする。

作業小屋の基礎穴掘り完了



コンクリート

5.1
コンクリートを基礎にながす作業中。

コンクリートの作業は時間との勝負なので余裕を持って作業をするため自分でコンクリートを練る。




基礎工事おわり

5.1
基礎の穴にコンクーリトを流し終える。

要所にはアンカーボルトを埋設する。





骨組み

5.7
基礎のコンクリートが乾き安定したところで足場パイプを使って骨組みを立て上げる。







骨組み完成

5.10
何とか二人で骨組みを組み終える。
足場パイプとはいえ、組み合わせるとしっかりするものだ。






土間作り

5.12
静岡より遊びに来た友人が記念に建築を手伝うことになる。
予定では土間のままで使用することになっていたが話の成り行きでコンクリートを打つことになる。
レベルを出し、枠を組み、下地を均して砕石を入れる。

コンクリート流し

5.14
午後よりコンクリートを流す。
友人は元職人なので準備に怠りも無く、人数も多い為焦らずに作業が進められる。

コンクリート慣らし作業中。



コンクリート終了

5.15
不足分のコンクリートを流す。
朝から雨が降っており、ブルーシートで屋根架けしての作業となる。
お昼過ぎまでかかって最終仕上げを終える。



屋根掛け

5.22

屋根に2×4材をクランプで取り付け屋根下地の完成








トタン張り

5.23

屋根に波板トタンを張る
暑いときにはトタン板より陽炎が立つ
足など低温火傷しそうだ





窓付け

5.26

屋根のトタン張りも終え外壁の下地作りに掛かる
先に窓も取り付ける







壁張り

5.30
外壁張り







完成

6.4
外壁を張り終え完成する







6.4
完成