2×4住宅 
屋根張り工事



04.11.9
エントツの大きさを決める枠組み
これにエントツ用に加工した鈑金をまわします。

04.11.10
いつも手伝ってくれる友人の意見で破風周りは白い色のペンキにしました。

04.11.13
この鈑金を軒先とけらばにまわしていきます。

04.11.17
エントツの鈑金です。
黒いものはシングル張り用の糊です、手や洋服に付くと取れません。

04.11.22
屋根シングルのスターターを取り付けるため、一列目は全面にボンドを付けます。

04.11.22
スターターを一列、釘とボンドで取り付けます。

04.11.26
順番に貼り付けられたシングル材です。
今回はシングルの裏に糊が付いているものを使用したため、中間のシングルは釘で止めるだけです。

04.11.28
エントツの水切り鈑金を取り付けます。
鈑金の上にシングルをボンドで止めます。
友人が手伝ってくれました。

04.11.28
後一息で屋根工事も終わりです。
先が見えてくると工事のスピードも早くなります。

04.11.28
ほぼ完成。
後は棟にシングルを貼り付けて行きます。
とりあえず現状でも雨漏れの心配は無いので完成は後になります。

04.12.8
薪ストーブ用のエントツ。
天井窓用の水切りを使ったので、大きさを窓の寸法に合わせました。
結果として屋根とのバランスは良かったようです。
箱に張ってあるのは外壁ボードです。

04.12.28
気温の上がった日を選んで棟の仕上げをしました。
一枚一枚ボンドを付け縦に張っていきます。
折り曲げて貼り付けるため寒いときは暖めて柔らかくする必要があります。

04.12.28
屋根工事を完成しました。
次の日は、今まで恐れていた雪となりましたが、完成後だったため安心です。

07.01.27
煙突のレンガ張り、普段近くで見ることが出来ないのが残念なほどキレイに張れました。(ほんとかな?)

07.02.01
市販の煙突トップは値段が高いうえに大きさがあわないので、自分で作ってみました。

07.02.17
思ったよりりっぱに出来ました。
自画自賛しています。