2×4住宅
プレート工事編


04.5.26
基礎に土台を取り付けていきます。
アンカーボルトの穴や寸法が現物あわせなので少し手間取りました。
土台に組み込まれる大引きの受け口加工も時間の掛かった細工です。
手前の角材は防腐剤を塗ったものです。

04.5.26
土台角材にアンカーボルト取り付けの穴あけ作業中。

04.5.30
土台組み込み完了。

04.6.4
土台に大引きを組み込んでいきます。
長いところは切り欠きを入れて途中でつなぎます。

04.6.10
大引きに付けた「塚」はプラスチック製なので、腐食の心配もありません。
湿気をあげる心配も無いので、塚受けはブロックで代用しました。

04.6.15
根太を張っていきます。
間隔は30cmですが、合板と寸法を合わせる都合で幅が狭くなっているところも有ります。

04.6.18
根太取り付け完了。
ころび止めもつけました。

04.6.24
根太との間に断熱材のスタイロフォームを入れました。微妙に寸法が合わずに切ったり貼ったりで合わせ何とか全部に入れ終えました。

04.7.3
プレートの合板張り。
殆どの合板は切らずに張れますが、最後はどうしても加工が必要になります。
水周りの工事用に必要か所はビス止めにしてあり、工事の際は床下に入れます。

04.7.3
プレート工事すべて完了。